2017年03月30日

ワセリン生まれの全身に使える高保湿ジェル

まだまだ寒い日が続き、乾燥した部屋にいると肌も乾燥してきてしまい、特に手の保湿は欠かせない時期です。

今回購入してみたのは、ワセリン生まれの高保湿ジェルのハイスキン モイストジェル。

DSC_3460.JPG

DSC_3458.JPG

このジェルの特徴は、薬局でも売っているワセリンなんですが、ワセリンって冬場の手の保湿用には欠かせないんですね。通常だとべたべたとする使用感のあるワセリンとは、違ってワセリンをジェルに配合して開発されたものなので、べたつき感が少なく実際使ってみると、美容液のように濃密なジェルにであるのにかかわらず、肌にスッと染み込んでいく感じ。

顔よりも手がすごくカサカサして、荒れている感じだったので、夜寝る前や手を洗った後などに、プッシュして気になるところに使ってみたのです。そうすると夜乾燥した部屋にいるのにも関わらず、朝まで保湿感が残っておりしっとりした肌触りで、結構長くそれが続いていました。

固くなった角質層にまで浸透していってくれるので、かかとなどの角質が暑くなった部分にも使ったりしていましたら、翌日には皮膚が柔らかくなってきているのを実感しました。

あとは、このジェルの注目するところって、べたつきにくい整肌成分イソマルトが、特徴的です。

先ほど以前皮膚科から、タコなどの治療のためにもらっていたワセリンがあったのでつけて比較してみますと、確かにワセリンってかなりべたつきますね。どうも油っこい感じで、靴下などにもべたっとついてしまう感じですね。

それに比べるとハイスキン モイストジェルの使用感が、水っぽい感じに仕上がっていると実感できました。
それに、お肌にもやさしいので、子供から大人まで安心して使えるだろうなと感じました。
posted by maron at 20:56| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック